MASUMOTO KOTA OFFICIAL WEBSITE

I'm keep going on play music in a lot of places.

Blog 暮らし

秋の祈り

投稿日:2017年10月17日 更新日:

BLOWBOHEMIAの製作で
二つあったモチーフを一つにまとめる。

旋律や鼓動、季節があることに救われている。

もっとアジア圏内でも、他の国でも、
いい形で届けられるようになりたい。

音楽や会話には、
固有の時間軸や、土地の風が孕んでいて、それらが充満する空間でくつろぐのが好きだ。

まるで旅のような気持ちにさせる
会話は、尽きない絵本の山のようで
色とりどりの形が現れては、暗闇に消えていく。

随分長いこと、スピーカーの前で過ごして来た気もするし、瞬きのようだったとも思う。

秋は移ろいがとくによく可視化され、
紅葉や、秋空や、この世のうたかたを感じる機会が多々ある。

この世は夢だと、思いながら、

歩く。

歩く。

湧き上がるメロディー
前に進む力強さ。

きっとこの坂の向こう、振り返れば
光が反射する海がある。

懐かしさに似た音を作ろう。

明日、いい日になると、頷き、
かけがえのない時間をと祈りながら。

-Blog, 暮らし
-,

執筆者:

関連記事

ソネット

音楽が文章みたいだとはあまり思わないが、文章は音楽みたいだと思う。 懐かしい日々を回想している文を読むと、そこには、音達が戯れているように感じる。 毛布が必要な秋の日には、木漏れ日を思いだす音楽のこと …

no image

俳句

ネオン街 雨降り続け 青い夜 行き場のない人 流れる通り

切符を作る。

毎日制作をしている。 時が夏だからか、 人生を歩むうちにたまってしまった宿題をやっている。 自分の中にあるものは、自分でしか出せない。 彫刻家が少しずつ ノミをふるい、形が確信に近いて行くように 音の …

no image

短歌

声にならない 想いは唄に風景に 初乗り切符買い 山間を下りたらそこは 海開き 小さい子のように走る夏 ふりきった道は1年と束の間 雪景色に変わる車窓 また海を思いし この白の中

再会

雨音の中でこれを書いている。 ライブの準備や曲作りや予定の調整をしながら、一年は、歳月らしさを増していく。濃厚な風が通り過ぎて行くように。 再会を暖かいものにしたい。 それは旅人ならずとも、思うことな …