MASUMOTO KOTA OFFICIAL WEBSITE

I'm keep going on play music in a lot of places.

Blog 暮らし

舟の行き先

投稿日:2017年7月4日 更新日:

唄入れする前に、オケを完成させる予定が次の日へ持ち越しに。

仕事のスケジュールをもっと厳しく管理する方向で、今日は生きよう。

ちゃんと音 人 金 循環 貢献の
デザインをする。これはすごく大切だ。

ただ、やれればいいのではなく、
現場で成果をだし、その場に居なく、届かなかった人へは、web上のアーカイブ、リアルの口コミ等で伝えていく。

ツアーは、
小さい経済圏を何個も作り周遊する。
今後、それに加えて目指したいのが、
大きい経済源を作り循環さす。

これだ。

環境のデザインまでをミュージシャンがする時代…。

というか、音楽は人に聞こえるもの、
場が存在するものであるから、常にそれをとりまく環境と、密接にかかわってきた。

頭、心、体。
総てを使い、限りある人生、音に運ばれ、音を運ぶ。

時に、一人しか航海士の存在しない、一隻の舟ではあるが、一人の人間の背後には、無数の先祖が託した生きろというメッセージが存在する。

遺伝子に音楽の構造をインプリティングされた自分は、

生きる。

今まで生きてきた人、
今生きてる人、これから産まれてくる人の思いを乗せて。

-Blog, 暮らし

執筆者:

関連記事

連絡の大切さ。その先の笑顔。

海外のブッキング難航中は胸が痛い。 この先に笑顔があると思うと頑張れるが、箱の人はとにかく連絡を返して欲しい。 約束で生きるなら連絡は命綱だ。 これだけネットのインフラがある時代、自分を身近に感じても …

切符を作る。

毎日制作をしている。 時が夏だからか、 人生を歩むうちにたまってしまった宿題をやっている。 自分の中にあるものは、自分でしか出せない。 彫刻家が少しずつ ノミをふるい、形が確信に近いて行くように 音の …

音楽に運ばれたい

近々撮影のプリプロ、 BLOWBOHEMIAのビート作りなど。 海外、国内のツアーで撮影、録音できるようにどうセットアップして、ビルドアップできるか? 近年の課題であり続けている。 毎夜のようにyou …

今日という日に

午前中に依頼のあったとあるテキストを仕上げだ。 以降、トラック作り。 この作業はいかに曲の世界観を構築するか、また、クラブで鳴らしたときにいかに理想の音像にするかに時間が占められる。 並行して入ってく …

no image

溝の先へ

レコードの選定作業。 これは、サンプリング用、これはDJ用と、振り分けたり。 暗闇の中で生き方を成熟させれる、ダンスフロアが好き。 どう踊るかは、どう生きたいかに繋がる。 螺旋状の朝日に照らされ、 朝 …