MASUMOTO KOTA OFFICIAL WEBSITE

I'm keep going on play music in a lot of places.

ツアー生活

今年3回目となる韓国ツアー その3

投稿日:

さて!ライブだ!仕事だ!
今回の一発目は、注目のエリア?
乙支路三街にあるギャラリーでの演奏だ。

このあたりは、昔から印刷工場とかあるおじさんが多いエリアなんだが、

ちょいヒップスターなバーや、とくに小規模のギャラリーも年々増えてる印象。

よくライブやらせてもらってる、ムンレのエリアもそれに近いが、もう少し、乙支路の方が、狭いエリアに濃く密集してるため、秘密基地感がある。

さて、会場に向かう前に、とあるお店を貸し切らせてもらって
あるミュージシャンと、レコーディングしていた。

まだ、詳細は発表できないが、
一言でいうなら、尊い時間を一緒に過ごさせてもらった。

レコーディングを終えて、
ビルが密集した11月のソウル。冷たい鋭利な風を全身に受けながら、
今夜の会場へ。

自分が、出演すると決めたステージなら、どんな場所でも、しっかりやることが大切だ。

しっかりやるの意味は、不特定多数の人に合わせて、己の軸をぶらすという意味ではなく、

ライブまでに、練習して、学び、忘れ、体調を整え、心を据え置き、
静かに、熱い状態に己を整え、

あとは、本番では、音楽に没入するのみ。

 

そう。いつだってそうやってやってきた。

何回も韓国で挑戦して、破れ、また立ち上がり、今の景色をみている。

今日、スケジュールが立て込み過ぎて、何も食べてないことに気づく。

ギャラリーに着いた。

いやあ ここは、かなりわかりにくい!

 

16E2235C-84EF-4C5E-9375-2EB7331FB73A

  • けして広くない会場に、続々と、人が。この後、満員で階段で立ち見する人も。

 

 

外から見たら工場の密集した地域だが、その中の一角が、実はアートスペースだったりする。

まるで、街にアーティストが潜伏してる感じ。

彼らは、この界隈のマップを作って、パスポート型にして!配布したり、毎年レジデンスで世界中から人を呼んで、(来年、おれを招聘したいという話も。ぜひ!)

韓国のアーティストとコラボさせたり、とにかく一つの地域で閉じずに行動している。

英語が喋れて、振る舞いもジェントル。

いわゆるインターナショナルな場で通じるメンタリティーの持ち主の彼等は、常に笑顔で対応してくれた。

終演後にはビールも頂いた。

今夜、お客さんにライブ前に、おれが珍しく話ししたことがある。

「人生はときに困難だけど、
アートを、行動をキープして欲しい。」

それがすごく大切だと。

静まりかえり、熱いまなざしでおれをみてくれるお客さん達。

中にはうん、うん。と、頷いてる人も見かける。

はずだった。

実際は、

 

おれが話ししていると、なぜだか、
会場から笑いが起きた。

なんで?

ギャラリーで、

アーティストのお客さんがたくさん来てて、

バッチリなトピックと

わかりやすい英語で

話ししたつもりなのに、

 

なんで…?!

情熱的過ぎた表情だったのだろうか。

ほんとうに人生は不思議だ。

 

-ツアー生活

執筆者:

関連記事

連絡の大切さ。その先の笑顔。

海外のブッキング難航中は胸が痛い。 この先に笑顔があると思うと頑張れるが、箱の人はとにかく連絡を返して欲しい。 約束で生きるなら連絡は命綱だ。 これだけネットのインフラがある時代、自分を身近に感じても …

no image

パリの6月

I’m still making beats for BLOWBOHEMIA. 「パリの6月」 F.Bのどうでもいい機能のひとつに、 何年か前のポストを知らせるというのがある。 6年前の今 …

宮崎でのライブを終えた。

実に3年ぶりぐらいだった。 宮崎にはくにやさんというおれのフォークロアを震わせた唄い手がいて、一緒にやりたいと相談して、実現させてもらった。 ありがたかった。 前回も来てくださった方がまた足を運んでく …

no image

朝の風景

今日は朝の5:00から働き始めている。 通常、ライブがないときの多いルーティンは、5:00に寝ることが多い。 おれにとって朝の風景とは、 クラブやライブ帰りでそのまま一夜を明かしたり、移動で乗り継ぎが …

尾道の夜を終えて

おそらく、初かな?BLOWBOHEMIAで、尾道でライブやらせてもらい、 時間をシェアできてうれしかったです。 夜に音楽が流れて、人が集まる場所は 街に必要だ。 昼にできない話や、過ごせない時間も、夜 …