MASUMOTO KOTA OFFICIAL WEBSITE

I'm keep going on play music in a lot of places.

Blog 暮らし

大きな絵を描く

投稿日:2017年10月29日 更新日:

この体が動くうちに、見せれるだけの景色を見せてやらないといけないと、日々思いながらも、一人、音の奥に広がる場所を探す。

長く、冷たい雨が続いた一周からは一転し、秋にしては、暖かい晴れた一日は、懐かしい友達に再開したかのように心までも暖かくなった。

不安で今を打ち消すよりも、楽しいことを想像しよう。

身体動かさなければ、何も始まらないのだから。

こうして、座っているだけでも、心は彼方此方を旅したがる。

人間とは、貪欲な生き物で、想像力あるが故に、高く飛び、低く落ちたりもする。

カーテンの隙間の秋の朝に、呼吸は少し、落ち着きを取り戻す。

11月、12月からはまた、日本を廻ることになりそうだ。

まだまだ出会っていない人が沢山いて、
その事実が、自分の心をキリキリと締め付ける。

自分が今まで見てきた景色が、今見ている景色が、これから見据える景色が、
あなたにとって栄養になりますように。

音楽はありったけの色を運ぶ。

大きな絵を描く。

あまりにもたくさんのことに時間がかかりすぎているが、

少しずつ。本当に少しずつだが、終わらせていっている。

ライブは、懐かしい場所に向かって唄っている気がしている。

小さな頃の自分を迎えに行っているような、存在したかった場所に運んでいるような、そんな気持ちにさせる。

暖かいセーターを着て、出かけよう。まだまだ人生は途方もないものだと思いたい。

今日はこんな感触を徒然なるままに。

秋が深まってきた。

-Blog, 暮らし
-

執筆者:

関連記事

no image

短歌

声にならない 想いは唄に風景に 初乗り切符買い 山間を下りたらそこは 海開き 小さい子のように走る夏 ふりきった道は1年と束の間 雪景色に変わる車窓 また海を思いし この白の中

周夏

窓に映る朝空まだ 藍色で 紫陽花の色を残し七月 やがて燃ゆる朝焼けへ 二カ月ばかりで駆け出す 裸足の寒さ まだ残る汗の匂い 遠き波を思い 安らかに眠る

インスタライブを終えて

昨日、初のインスタライブを終えた。 ずっとなにかしら、やりたいとは思ってたが、音質的にどうだろう?とか、 イージーにアクセスできすぎて、ネガティブプロモーションにならないか? とか、心配があり、踏み切 …

no image

強靭なアスリート

製作で楽器の録り音や、 声を、イメージに追い込んでいく 作業の面白さが芽生えてきた。 カラオケで叫びまくって声をならしてからレコーディングに挑もうとしたが、一時間歌いまくったり、さけびまくったり、Xj …

メール力!

音楽でも店でもなんでも、個人で仕事を進めてる人で、大切な能力の一つは!(と、勝手に思っているのが。) 「メールをする力」ではないだろうか? 多くの経営者が複数の業務を抱えて日々、作業をしているので、 …