MASUMOTO KOTA OFFICIAL WEBSITE

I'm keep going on play music in a lot of places.

Blog 暮らし

大きな絵を描く

投稿日:2017年10月29日 更新日:

この体が動くうちに、見せれるだけの景色を見せてやらないといけないと、日々思いながらも、一人、音の奥に広がる場所を探す。

長く、冷たい雨が続いた一周からは一転し、秋にしては、暖かい晴れた一日は、懐かしい友達に再開したかのように心までも暖かくなった。

不安で今を打ち消すよりも、楽しいことを想像しよう。

身体動かさなければ、何も始まらないのだから。

こうして、座っているだけでも、心は彼方此方を旅したがる。

人間とは、貪欲な生き物で、想像力あるが故に、高く飛び、低く落ちたりもする。

カーテンの隙間の秋の朝に、呼吸は少し、落ち着きを取り戻す。

11月、12月からはまた、日本を廻ることになりそうだ。

まだまだ出会っていない人が沢山いて、
その事実が、自分の心をキリキリと締め付ける。

自分が今まで見てきた景色が、今見ている景色が、これから見据える景色が、
あなたにとって栄養になりますように。

音楽はありったけの色を運ぶ。

大きな絵を描く。

あまりにもたくさんのことに時間がかかりすぎているが、

少しずつ。本当に少しずつだが、終わらせていっている。

ライブは、懐かしい場所に向かって唄っている気がしている。

小さな頃の自分を迎えに行っているような、存在したかった場所に運んでいるような、そんな気持ちにさせる。

暖かいセーターを着て、出かけよう。まだまだ人生は途方もないものだと思いたい。

今日はこんな感触を徒然なるままに。

秋が深まってきた。

-Blog, 暮らし
-

執筆者:

関連記事

周夏

窓に映る朝空まだ 藍色で 紫陽花の色を残し七月 やがて燃ゆる朝焼けへ 二カ月ばかりで駆け出す 裸足の寒さ まだ残る汗の匂い 遠き波を思い 安らかに眠る

ソネット

音楽が文章みたいだとはあまり思わないが、文章は音楽みたいだと思う。 懐かしい日々を回想している文を読むと、そこには、音達が戯れているように感じる。 毛布が必要な秋の日には、木漏れ日を思いだす音楽のこと …

切符を作る。

毎日制作をしている。 時が夏だからか、 人生を歩むうちにたまってしまった宿題をやっている。 自分の中にあるものは、自分でしか出せない。 彫刻家が少しずつ ノミをふるい、形が確信に近いて行くように 音の …

no image

朝の風景

今日は朝の5:00から働き始めている。 通常、ライブがないときの多いルーティンは、5:00に寝ることが多い。 おれにとって朝の風景とは、 クラブやライブ帰りでそのまま一夜を明かしたり、移動で乗り継ぎが …

ラジオのように

努力が実らないときもあるだろう。 だけど、努力自体が楽しければ 生きながらえる夜もあるだろう。 日々を楽しんでいるか? 窓から見える夜景は綺麗だし、 朝日は清々しい。 お金や技術がこの手になくとも 誰 …