MASUMOTO KOTA OFFICIAL WEBSITE

I'm keep going on play music in a lot of places.

Blog ツアー生活

宮崎でのライブを終えた。

投稿日:2017年9月23日 更新日:

実に3年ぶりぐらいだった。
宮崎にはくにやさんというおれのフォークロアを震わせた唄い手がいて、一緒にやりたいと相談して、実現させてもらった。

ありがたかった。

前回も来てくださった方がまた足を運んでくれ、こういうのはほんとうにありがたい。

もちろん、はじめましての人も。

くにやさんと移動中で乗せてもらった車のな中でポツポツと話をしながら、地下鉄から地下鉄の移動では感じることのない、久々に夜の道の暗さを感じたり、
台風と完璧に同じ進路で移動したため、
無事にフライトでき、ライブを終えれたことに安堵したりした。

この美しく力強い自然の元で、生きる人達がいて、距離なんか関係なく、こころのなかのご近所さんとして、まだまだ物語を紡いでいきたいと思っている。

おれは、音楽と旅をし、音楽の中を旅している。

また会いに行くので会いにきてくれたら嬉しい。

-Blog, ツアー生活

執筆者:

関連記事

大きな絵を描く

この体が動くうちに、見せれるだけの景色を見せてやらないといけないと、日々思いながらも、一人、音の奥に広がる場所を探す。 長く、冷たい雨が続いた一周からは一転し、秋にしては、暖かい晴れた一日は、懐かしい …

周夏

窓に映る朝空まだ 藍色で 紫陽花の色を残し七月 やがて燃ゆる朝焼けへ 二カ月ばかりで駆け出す 裸足の寒さ まだ残る汗の匂い 遠き波を思い 安らかに眠る

ラジオのように

努力が実らないときもあるだろう。 だけど、努力自体が楽しければ 生きながらえる夜もあるだろう。 日々を楽しんでいるか? 窓から見える夜景は綺麗だし、 朝日は清々しい。 お金や技術がこの手になくとも 誰 …

俳句

エアポート 世界中が 隣町 久しぶり 瞳の奥に 夏は住む 台風明け 風待つ我を この道飛ばして 車窓より 入る日差し 秋を待つ ジョイフルで 交わす方言 宮崎の夜 若草通り 重い荷物 夜彷徨う 秋の宵 …

ソネット

音楽が文章みたいだとはあまり思わないが、文章は音楽みたいだと思う。 懐かしい日々を回想している文を読むと、そこには、音達が戯れているように感じる。 毛布が必要な秋の日には、木漏れ日を思いだす音楽のこと …