MASUMOTO KOTA OFFICIAL WEBSITE

I'm keep going on play music in a lot of places.

Blog 暮らし

ピアノとパンケーキの日はどう?

投稿日:2017年10月17日 更新日:

パンケーキとコーヒーってなんであんなに幸せなんだろう。

グルテンフリー、カフェインフリーにしなきゃとおもいつつ、
乳製品は取らないようにするぞ!と思いながらも、何度も何度も気持ちが負けてしまっている。

おれは、パンケーキを焼くのが好きだ。

卵白でメレンゲを作り、ヨーグルトを加えてふわふわのスフレ生地も焼けるし、
ヨーロッパ風の薄焼きも、日本の喫茶店みたいな厚焼きも、卵なしのビーガンも、人参や生姜をすりおろしたパンケーキも、マスターしている。

個人的に日常的に食べたいのは
ヨーロッパ風の薄焼きパンケーキだ。

季節のフルーツを乗せ、ウイスキーをかけて食べる。

ベルリンにいた時は、毎朝、毎朝、粉と卵とベーキングパウダーの黄金比を導き出すため、配合を研究していた。

ベーキングパウダーはアルミフリーを。
砂糖は精製されてないものを必ず使う。

というか、それは料理するうえで自分には当たり前過ぎて今気づいたことだが。

パンケーキを千切り、バターで炒めるドイツのカイザーシュマーレンはまだ作ったことはないが、
ウイスキーやワインのアテにいいかもね。

珈琲と一緒も好きだが、
スウィーツと酒も最高に好きな組み合わせだ。

パンケーキに関するエッセイとレシピだけで、短い本なら一冊できそうだ。

写真は自分が愛した、
北アメリカ風のパンケーキが食べれ、ライブもやってた、ベルリンのクロイツベルクにかつてあったパンケーキショップ&BAR,
ATLAS PANCAKE.

景色を失ってばかりなのもつらいから
パンケーキと音楽の日を自分で作り、やるしかないのか…。

この店のピアノを弾きに行っていた。

ピアノとパンケーキ
の日、どう?

ラウンジにいい、ビートも持っていくし。

-Blog, 暮らし

執筆者:

関連記事

音楽に運ばれたい

近々撮影のプリプロ、 BLOWBOHEMIAのビート作りなど。 海外、国内のツアーで撮影、録音できるようにどうセットアップして、ビルドアップできるか? 近年の課題であり続けている。 毎夜のようにyou …

尾道の夜を終えて

おそらく、初かな?BLOWBOHEMIAで、尾道でライブやらせてもらい、 時間をシェアできてうれしかったです。 夜に音楽が流れて、人が集まる場所は 街に必要だ。 昼にできない話や、過ごせない時間も、夜 …

夏の朝、スコッチ。

朝起きてすぐの作業は、スケジュール管理と見直し、情報収集。 続けてトラックメイクをし、午後からはギター、ベースなどのレコーディング。 深夜から朝までは調べものや、収益に繋がる作業。 気づけばまた、朝を …

ソネット

音楽が文章みたいだとはあまり思わないが、文章は音楽みたいだと思う。 懐かしい日々を回想している文を読むと、そこには、音達が戯れているように感じる。 毛布が必要な秋の日には、木漏れ日を思いだす音楽のこと …

周夏

窓に映る朝空まだ 藍色で 紫陽花の色を残し七月 やがて燃ゆる朝焼けへ 二カ月ばかりで駆け出す 裸足の寒さ まだ残る汗の匂い 遠き波を思い 安らかに眠る