MASUMOTO KOTA OFFICIAL WEBSITE

I'm keep going on play music in a lot of places.

暮らし

12月

投稿日:

 

言葉以外で、感覚を、感情を伝えることができる人間。

とめどなく流れる音楽や、
愛する人に作る食事や
色彩に溺れそうになるような絵画や。

クリスマスから、年末年始に向けての
この時期は、一年でやれることをやれたのかと、自分で自分を問い詰めるため、どこかやるせない日々でもある。

冬の静かな夜は、魂が浄化していくのを感じるようだ。

あたたかい毛布や、夏の風の匂い、
南国からの便りを待つ、そんな想像力で冷えた心の中には、小さなストーブを作ってやる。

薪をくべるように、大切な人との酒や、景色を自分に与えてやる。

いつもおもうことかもしれない。

その先に何もなくても、歩いてみたいと望む自分がいる。

灰色の冬空の下

遠くの街へ行くことも

音楽が傍に、音楽の中で息をしていれば、心強く在れる。

冬の寒さに弱いなら、少し、愉快におどける気持ちで、

冬はそれぐらいで、ちょうどいいのかもしれない。

クリスマス、そして新年が、いよいよ
近づき、通り過ぎて行く。

あなたが、何ものにもとらわれず、
ただ静かに年を越せますように。

外界から守った、薄い皮膜でぎりぎり耐えた心が、やがて内も外もなくなり、全体となるように。

音のなるほう

雪の降るほう

晴れ間を探して。

12月という時を謳歌できますように。

 

 

-暮らし

執筆者:

関連記事

no image

6月の日々

6月 もう6月だ。6月が終わると一年が半分終わる。 この時期に、自分が何ができていて、何をこれから終わらさないといけないかを把握するために、 作業を見直さなければならない。 この作業は自分と向き合わざ …

夏の朝、スコッチ。

朝起きてすぐの作業は、スケジュール管理と見直し、情報収集。 続けてトラックメイクをし、午後からはギター、ベースなどのレコーディング。 深夜から朝までは調べものや、収益に繋がる作業。 気づけばまた、朝を …

切符を作る。

毎日制作をしている。 時が夏だからか、 人生を歩むうちにたまってしまった宿題をやっている。 自分の中にあるものは、自分でしか出せない。 彫刻家が少しずつ ノミをふるい、形が確信に近いて行くように 音の …

朝を迎える

Facebookメッセンジャーを開くのに10分かかる。 youtubeが自動的にコマ送りになる。 二日前のブラウザがサブリミナルショットされる。 などなど、もはやジョブズの思惑を超えた所へアセンション …

大きな絵を描く

この体が動くうちに、見せれるだけの景色を見せてやらないといけないと、日々思いながらも、一人、音の奥に広がる場所を探す。 長く、冷たい雨が続いた一周からは一転し、秋にしては、暖かい晴れた一日は、懐かしい …