MASUMOTO KOTA OFFICIAL WEBSITE

I'm keep going on play music in a lot of places.

Blog 暮らし

音楽に運ばれたい

投稿日:2017年7月10日 更新日:

近々撮影のプリプロ、
BLOWBOHEMIAのビート作りなど。

海外、国内のツアーで撮影、録音できるようにどうセットアップして、ビルドアップできるか?

近年の課題であり続けている。

毎夜のようにyoutubeやネットを何時間も血眼になって

どの撮影機材やどの録音機材がいいのか探しまくり、

頭を悩ませ、心を痛ませ、
シワと白髪を作りながら
トライ アンド エラーする、
検索、実践なヒューマンハイブリッドマシーン。

情熱がガソリンだ。

そんな、地味で表に出ない、制作や状況を整えていっている矢先、

ひょんなことからベトナムはハノイのとあるカフェに集う素敵な音楽家達を発見した。

古き良きという表現がピッタリな歌を主軸に集まったギタリスト、
ピアニスト、バイオリニスト達。

彼の国に根付く、歌の歴史を垣間見た。

これは、ツアーして、ドキュメントしたり、RECしたいなと思ってしまった。

音楽は、、、
作る人、残す人がいなければ
感動する人も当然、存在しなくなる。

ならば、自分が何役もやるしかないだろう。

たとえ、今、環境が整っていないとしても。

足は動くし、心は踊る。
たかが一人でも、捉え方次第であきらめなければやれることは無数にあるだろう。

韓国の友人の音楽家とも
制作したい。

この世でであった奇跡を形にしたいんだ。

自分一人ででも 何でも作れる
環境をミニマルに整え、
時に呼ばれて、
時に自分からL.C.Cを抑えて、

体力やキャパシティの限界を超えてでも、世界中を飛び回る。

足で稼いだネットワークで、音楽を沢山生み出して生きる。

そんなイメージを持ちながら日々、生きている。

準備のプロであれ。

誰に求められなくとも、自ら
生み出して伝えて生きたい。

音楽に運ばれたい。

今夜も人知れず音楽を作る。

-Blog, 暮らし

執筆者:

関連記事

夏の朝、スコッチ。

朝起きてすぐの作業は、スケジュール管理と見直し、情報収集。 続けてトラックメイクをし、午後からはギター、ベースなどのレコーディング。 深夜から朝までは調べものや、収益に繋がる作業。 気づけばまた、朝を …

no image

パリの6月

I’m still making beats for BLOWBOHEMIA. 「パリの6月」 F.Bのどうでもいい機能のひとつに、 何年か前のポストを知らせるというのがある。 6年前の今 …

no image

短歌

声にならない 想いは唄に風景に 初乗り切符買い 山間を下りたらそこは 海開き 小さい子のように走る夏 ふりきった道は1年と束の間 雪景色に変わる車窓 また海を思いし この白の中

no image

俳句

ネオン街 雨降り続け 青い夜 行き場のない人 流れる通り

ソネット

音楽が文章みたいだとはあまり思わないが、文章は音楽みたいだと思う。 懐かしい日々を回想している文を読むと、そこには、音達が戯れているように感じる。 毛布が必要な秋の日には、木漏れ日を思いだす音楽のこと …