MASUMOTO KOTA OFFICIAL WEBSITE

I'm keep going on play music in a lot of places.

Blog 俳句

俳句

投稿日:2017年9月23日 更新日:

エアポート
世界中が
隣町

久しぶり
瞳の奥に
夏は住む

台風明け
風待つ我を
この道飛ばして

車窓より
入る日差し
秋を待つ

ジョイフルで
交わす方言
宮崎の夜

若草通り
重い荷物
夜彷徨う

秋の宵
ビールジョッキの
浮雲は夏

蝉時雨
夜になると
泡沫の鈴虫

国道沿い
ピンク自販機
昭和はここに

濁流に
想いを乗せて
星探す

国富の
ファミマ前に
土嚢袋

それぞれの
重い乗せて
特急は

夏の残り香探す君の足
秋に差し掛かり山の手
導くほうぼうへ
白き彼岸花見つけ
台風は彼方へ 我は東へ

この道続く
故郷まで

青空の
青さに
今日も
飲み込まれ

そよぐ丘
まだ生まれる前
いつかの海

○写真は、ライブ会場近くの
橋の廃墟。

途中までしかないでしょう。

壊してる途中らしい。

-Blog, 俳句

執筆者:

関連記事

no image

限りある人生を

昨夜、終電を逃したのをいいことに?某牛丼チェーン店でダージ呑みすることに。 というのも、都会の駅の近くですら、まったく、漫画喫茶はなく、夜を明かせる場所がそこだけだったため、一人、数時間居座った。 結 …

周夏

窓に映る朝空まだ 藍色で 紫陽花の色を残し七月 やがて燃ゆる朝焼けへ 二カ月ばかりで駆け出す 裸足の寒さ まだ残る汗の匂い 遠き波を思い 安らかに眠る

ソネット

音楽が文章みたいだとはあまり思わないが、文章は音楽みたいだと思う。 懐かしい日々を回想している文を読むと、そこには、音達が戯れているように感じる。 毛布が必要な秋の日には、木漏れ日を思いだす音楽のこと …

no image

短歌

声にならない 想いは唄に風景に 初乗り切符買い 山間を下りたらそこは 海開き 小さい子のように走る夏 ふりきった道は1年と束の間 雪景色に変わる車窓 また海を思いし この白の中

秋にうたえば

京都でのライブを終え、本日から 二日間、大阪でライブ。 もう、おそらく年内最後となる関西方面でのライブになるかと思う。 一年が終わりに差しかかっている。 秋の木漏れ日は痛いほどに美しい。 高い青空の秋 …