MASUMOTO KOTA OFFICIAL WEBSITE

I'm keep going on play music in a lot of places.

Blog ツアー生活

THIS IS BLOWBOHEMIA!!!!!!

投稿日:2017年7月24日 更新日:

今日の仕事は寝ても冷めても制作だった。

秋以降に予定されている韓国から始まる、アジアツアー用にBLOWBOHEMIAのビートを組んでいた。

今に始まったことではないが、アジアは動いている。

おれみたいな所詮バックパッカー的な旅をしている者には、うれしい!というか、頼みの綱的なL.C.Cの台頭による飛行機代の低価格化。

また、違う側面からだと、アジア各国で若年の富裕層がどんどん誕生している。

中国なんか、13億人以上いるわけで、そりゃ、本気でサクセスしようとする奴らがいて、実際に本当に成り上がって富裕層になる奴等が沢山いるんだから… アグレッシブだ。

また、マレーシアやシンガポールなどの他民族国家では、生まれた時から多文化が平常なわけで、マルチンリンガルに自然となる環境がある。

もはや日本にいるだけじゃ
異なるバックボーンを持つ多くの人と、日常的にコミュニケーションをとるという意味では、スタート地点からして違う。

エネルギーのある場所にエネルギーある人が集まる。

どの国であろうが、掘り下げて、広げて楽しみたい。

人生一度きりだ。

そういえば以前、バンコクの高級ホテルのルーフトップバーで、キリンビールが、スポンサーになっていたイベントで、演奏したことがあった。

一等地に建つホテルのオーナーはまだ33歳のインド出身の青年だった。

アジア各国ではいろんな人種が、いろんな産業に参入し、経済圏を作っている。

ときに、前例がないような
ビジネスモデルもあったりするのだろうが、

今や先の見えない可能性に満ち溢れ、
かたや、テロであったり、悲しみは地を這うように蔓延り、拡がっている。

そんな時期は、従来のやり方が通用しない局面が沢山あるだろう。

大切なのは、理論を重視することではなく、今ある変化に気付き、どれだけ対応力を上げていけるか。

そのためのトレーニングには、
ストリートなスタイルのツアーがいい。

毎回、何が起こるかわからない。

かつて台湾ツアー時、台南のとある会場では、スコールがあまりにも激し過ぎたため、誰も外に出ず、公演の動員が0人だったこともあった。

天気まではコントロールできない。

もはや何が起こるかわからない、
ならば、楽しもう!
という心意気が、ツアーには生まれるのだ。

たった一人で、音楽を作っているが、
古今東西、あまたの音楽を残してくれた先人達のエッセンスは、残されたレコードに詰まっている。

博物館や図書館で書物と対話を重ねるように、自分の内面と照らし合わせ、答え探しではない、謎かけをたった今から作れるのだ。

この世は夢で、ただ歩いて行くことが答えなのだ。

ならば魅力的な問いを作れる人になろう。

答えはここにあるのに
人に期待する生き方でなくね…!

幸せの小鳥は、、 とっくに捕獲して数日愛でたあげく、羽をむしり焼き鳥にして食べ、己の血肉と化した。

その大胆な振る舞いに震える恥肉をスピーカーの振動でブーンブーン携えLOW.

制作以降のツアー生活が始まる。

アジアは動いてる。

おれも動こう。

君を待っている人は世界中にいる。

ちょうど同じ背格好で、飢えた目付き
をして、同じような音楽を聴き、同じような問題に突き当たり、苦悩しながらも絶望よりも希望を上回らせる生き方をしてきた、ブラザー、シスターが。

会いに行こう。

もう一人の自分に。

一人、夢中で作る音楽の向こうに

まだ見ぬ友人の地元が浮かぶ。

幕があがった。

今宵は、スコールはまだ降ってきていない。

バーカウンターに飲み干した薄いビールの瓶を返しに行き、

呼吸を整えながらステージへと向かう。

WHAT’S UP MAN?

THIS IS…

THIS IS BLOWBOHEMIA!!!!!!

-Blog, ツアー生活

執筆者:

関連記事

日本には、トースト屋台が足りない!

ソウルの街中には、Isaacトースト(トースト専門のチェーン店)を始め、バンを、屋台に改造したトースト屋など、駅の近くでトースト専門店を何回も発見できた。 ここで結論。 「日本には、トースト屋台が足り …

no image

ダージ呑みのススメ

本出しました。 amazon等にて、電子書籍で手に入れれます。 http://dadenomi.com 何についての本かというと、 サウダージを感じながら呑む 略して、「ダージ呑み」に関する本だ。 詳 …

no image

自由都市 フィウメ

詩人ダヌンツィオ(D’Annunzio)によりかつて存在した自由都市フィウメ。 「国家の最高原理は音楽」という憲法のもと、毎晩コンサートが開かれ、街には芸術家や音楽家、アナーキスト、冒険家などの革命的 …

今日という日に

午前中に依頼のあったとあるテキストを仕上げだ。 以降、トラック作り。 この作業はいかに曲の世界観を構築するか、また、クラブで鳴らしたときにいかに理想の音像にするかに時間が占められる。 並行して入ってく …

no image

短歌

声にならない 想いは唄に風景に 初乗り切符買い 山間を下りたらそこは 海開き 小さい子のように走る夏 ふりきった道は1年と束の間 雪景色に変わる車窓 また海を思いし この白の中