MASUMOTO KOTA OFFICIAL WEBSITE

I'm keep going on play music in a lot of places.

ツアー生活

パリの6月

投稿日:2017年7月6日 更新日:

I’m still making beats for BLOWBOHEMIA. 「パリの6月」

F.Bのどうでもいい機能のひとつに、
何年か前のポストを知らせるというのがある。

6年前の今日はパリで3本のライブを終えて、ロンドンにバスで移動している所だったらしい。

初のパリでのライブは、革命が起きたバスティーユ界隈にあるシャンソンの箱や、フラメンコ、ジャズの箱で、音楽祭の中の1ステージだった。

オープンエアーの会場で、テーブルに着いた酔いどれの親父達が、ビール片手に気持ちよさそうにおれをまったりと見つめていたり、

ジプシーの5歳ぐらいの子供が、最前列にやってきて、何故かおれの写真をデジカメで撮りまくっていたり、

演奏中に後ろで、ドラムの音がするとおもったら、キューバ出身の親父ミュージシャンが飛び入りしていたり、

思い出せば、様々なトピックが交差しながらも、ライブをなんとかぶちかまし無事に終えたのだった。

アンコールが起き、様々な肌の色の人達が自分の音楽の元で解放され、
エネルギーが渦巻いてる様子は本当に感動した。

あれから6年が経ち、パリでは、何度か悲しい事件が起きてしまった。

世界に巣食う憎しみの糸は元を正せば、一つの繭なのかもしれないが、複雑さを増し、いまだ絡みあってるように思う。

滞在中に感じた、パリの下町、バスティーユの多国籍で、地元の人も移民もジプシーも同居した、あの寛容な空気感だけは、ずっと絶やしてはいけないと今も思う。

それから、二年後のある日、イギリスのバーミンガムに向かう車中でのことだった。

パリ出身のブライスに
「おれはBLOWBOHEMIAだ!」てフランス語でなんて言うの?と
聴き、すぐ様、車内の様子をiPhoneで録音した。

抜き出したフレーズを今日シーケンスに織り込みながら、

スピーカーの向こう、
パリの情景を思い浮かべている。

治安含め、恐怖過ぎてホテルから出られなかった、滞在1日目にラジオから流れたジャズプログラムの新鮮さ。

その後に、街の至るところで嗅ぐことになる、バスルームでみつけた香料の強い石鹸の匂い。

印象づけられた郷愁を、音楽にしないといけないと強く感じている。

自分にとっては、物価が高い、ライブをやらないと、不安がつのる、存在すらできない街ではあるが、

幼い頃から憧れ続け、また、そこに自分の音楽で還元できる喜びを噛み締めながら、まだあの日からの旅はいまだ終わってないことを感じている。

私はBLOWBOHEMIA

このフレーズを世界中の人になんて言うのか聴いてみたい。

湿気た日本列島の道端、

石畳に落ちる木漏れ日すり抜ける
風が新鮮な、6月のパリを想う 。

-ツアー生活
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

宮崎でのライブを終えた。

実に3年ぶりぐらいだった。 宮崎にはくにやさんというおれのフォークロアを震わせた唄い手がいて、一緒にやりたいと相談して、実現させてもらった。 ありがたかった。 前回も来てくださった方がまた足を運んでく …

大阪での二日間を終えた

2日連続での大阪でのライブを終えた。 ライブをやることでしか会えない人がいる。 地下鉄で、自分より若い人達をみていても思うが、自分みたいな人間はもっと社会にコミットしていかないといけないと思う。 今ま …

秋にうたえば

京都でのライブを終え、本日から 二日間、大阪でライブ。 もう、おそらく年内最後となる関西方面でのライブになるかと思う。 一年が終わりに差しかかっている。 秋の木漏れ日は痛いほどに美しい。 高い青空の秋 …

連絡の大切さ。その先の笑顔。

海外のブッキング難航中は胸が痛い。 この先に笑顔があると思うと頑張れるが、箱の人はとにかく連絡を返して欲しい。 約束で生きるなら連絡は命綱だ。 これだけネットのインフラがある時代、自分を身近に感じても …

安宿でコンチネンタルスタイルのブレックファーストを

私は海外の安ホテルに泊まり、コンチネンタルスタイルのブレックファーストを食べ、まずいコーヒーをすすり、 今日の予定を頭の中で反復しているとき、静かな快楽を得ている。 火を使わない、ヨーロッパスタイルの …