MASUMOTO KOTA OFFICIAL WEBSITE

I'm keep going on play music in a lot of places.

Blog

ハノイのとあるコーヒーショップ

投稿日:2017年9月24日 更新日:

https://instagram.com/p/BWDMSmQlRbM/

Friday night

A post shared by Tranquil. Books & Coffee (@tranquilbookscoffee) on

Our barista

A post shared by Tranquil. Books & Coffee (@tranquilbookscoffee) on

常に未知の文化に出会うため、
知らない土地で演奏するため、ネット砂漠を放浪している。

Instagramで知ったハノイのこのタイニーなコーヒーショップが気になっていて、その想いは日々膨らんでいる。

というのもこちらのお店は、
カフェのスペースに加えてコンサートを開催してるのだが、出演している音楽家達がとても素敵なのだ。

彼等のコンサートの断片を追っていると、まるで古き良き映画をみているような気持ちになる。

ベトナムという国は、日本とはまた違った形で米国との戦争の影を落とし、
古くはフランスの植民地時代を経て、
今は新たな音楽文化や、

昔からある食文化をフュージョンさせたレストランや、海がある街、ダナンのナイトクラブなど、自分が、調べただけでも非常に興味そそられる場所が多数ある国だ。

ベトナムの歌の歴史、また
このコーヒーショップに集う人にとって歌とは、音楽とはどのような存在であるのか気になっている。

現地に行くからこそ感じとれることがあるので、この店に集まる音楽家達のドキュメンタリーフィルムや、音楽作品を作りたいという気持ちが湧いてきている。

自分の人生において、出会えた、
いいと感じた音楽は大切にしないといけない。

人は亡くなるし、場所もやがては無くなる。

素敵なものをみつけたら、人任せにせずにその魅力を伝える生き方にしよう。

そうでないと、この世から美しいものは消える。

戦争をしたい人や、人間性を奪い統率を強いる政治的な圧力など、

美を破壊したい人は沢山いるからだ。

少しずつでいい。

自分から出向いて発見して、
その繰り返しでこの人生を豊かに、
地に足を付けて、自分達が生きている時期の地球の文化を手仕事で作っていこう。

-Blog

執筆者:

関連記事

俳句

エアポート 世界中が 隣町 久しぶり 瞳の奥に 夏は住む 台風明け 風待つ我を この道飛ばして 車窓より 入る日差し 秋を待つ ジョイフルで 交わす方言 宮崎の夜 若草通り 重い荷物 夜彷徨う 秋の宵 …

ピアノのレコーディング

飛行場に到着し、機内モードを解除した瞬間、連絡を確認できて、滞ってたと思っていた韓国のブッキングが 少し動き出した。 少し救われた気になった。 これからだ。 同時に日本のライブの件も進めた。 本日はグ …

no image

短歌

声にならない 想いは唄に風景に 初乗り切符買い 山間を下りたらそこは 海開き 小さい子のように走る夏 ふりきった道は1年と束の間 雪景色に変わる車窓 また海を思いし この白の中

no image

朝の風景

今日は朝の5:00から働き始めている。 通常、ライブがないときの多いルーティンは、5:00に寝ることが多い。 おれにとって朝の風景とは、 クラブやライブ帰りでそのまま一夜を明かしたり、移動で乗り継ぎが …

おれは!自分で自分を変えるのに必死だ!

最近はBLOWBOHEMIAの製作と並行して唄の作品作りを進めている。 今までやってきたことではないが、新しく作っている曲は、どうも、リズムトラックが頭で鳴るので、唄をトラック物で行くことにした。 サ …