MASUMOTO KOTA OFFICIAL WEBSITE

I'm keep going on play music in a lot of places.

暮らし

再会

投稿日:

雨音の中でこれを書いている。
ライブの準備や曲作りや予定の調整をしながら、一年は、歳月らしさを増していく。濃厚な風が通り過ぎて行くように。

再会を暖かいものにしたい。

それは旅人ならずとも、思うことなのかもしれない。

人が人を受け入れること。一緒に時間を過ごすこと。

その大切さは、たしかに、たしかにある。

目の前に居場所を探している人がいたら、どうか彼等のことを、心の中に受け入れて欲しいと思う。

人は日々、いろいろある。
だからこそ、
呼吸を深くしよう。みつめよう。

暖かさはここにあると。

途切れ途切れになる音楽に、心臓の音を重ねてみる。 懐かしい景色を身体中に満たせば、薄い皮膜に柔らかさを増せるかもしれない。
少しは、遠くへ、近くに行けるのかもしれない。

雨音の中で夢を見ている。

冷めない夢なら、それは現実。

人と人、国と国を隔ててるものがあるなら、それは、自分と他者を分ける心の働きだったりするのだろうか。

この人生という名の限られた夢を
まだみていたい。

苦しくとも、儚くとも。
雨の中で、花は咲く。

-暮らし

執筆者:

関連記事

都市のサーファー

最近は、かなり牛歩、というか 蟻の這いつくばり戸渡りだが、 異なるタイプの制作を同時進行させていて、いろいろと自分から派生していった物事を複数の作品に落とし込む作業はやはり好きだ。 しかし体が足りない …

秋の祈り

BLOWBOHEMIAの製作で 二つあったモチーフを一つにまとめる。 旋律や鼓動、季節があることに救われている。 もっとアジア圏内でも、他の国でも、 いい形で届けられるようになりたい。 音楽や会話には …

切符を作る。

毎日制作をしている。 時が夏だからか、 人生を歩むうちにたまってしまった宿題をやっている。 自分の中にあるものは、自分でしか出せない。 彫刻家が少しずつ ノミをふるい、形が確信に近いて行くように 音の …

ワイルドサイド

先日行った店が ただのミックスナッツが茶碗に半分もない量で1000円、 フライドポテトが1000円と、 あきらかに高く、暴れようかと思った。 物の値打ちに加算して 地価や、店付近相場や、サービス料や、 …

大きな絵を描く

この体が動くうちに、見せれるだけの景色を見せてやらないといけないと、日々思いながらも、一人、音の奥に広がる場所を探す。 長く、冷たい雨が続いた一周からは一転し、秋にしては、暖かい晴れた一日は、懐かしい …