MASUMOTO KOTA OFFICIAL WEBSITE

I'm keep going on play music in a lot of places.

Blog ツアー生活 レコーディング

連絡の大切さ。その先の笑顔。

投稿日:2017年9月30日 更新日:

海外のブッキング難航中は胸が痛い。

この先に笑顔があると思うと頑張れるが、箱の人はとにかく連絡を返して欲しい。

約束で生きるなら連絡は命綱だ。

これだけネットのインフラがある時代、自分を身近に感じてもらうも、連絡がつかない相手になるも、自分の連絡次第だ。

それぞれ忙しい。それは理解している。だからこそ、連絡が付き、話がはやい相手とはすぐに仕事になり、結果、頭と体を動かせる人とは、
仕事が続くことになる。

物事をチームで進めていくときに、
必要なことは、実現させる方法を考える思考になっているかだと思う。

できない理由から物事を見る癖は、自分が変わろうとしない限り変われない。

どうせこの世を生きるなら、自分が自分を邪魔しないようにしたい。

できない欠点がわかれば、何年かかってでもそれを克服するように生きるしかない。

あらためてそんなことを感じている日々。

会いたい人には会って、やらないといけないとおもったことはやらなくては。

言い訳で埋めつくせる程の時間は、この人生に残っていないのだから。

さて、もうすぐちょっとしたレコーディング…
といっても自分で機材を抱えて、
オペレートも自分だが、そのためのフライトがある。

旅立つ前の空港は、ポジティブな空気感がある。

少し早めに着くように行き、
空港内のいつもの場所で、
行き交う人を眺めたい。

そして、
今やっているブッキングなどの作業、webのデザインを詰める連絡をさせてもらったり、ライブの映像や音源の編集を進めようと思う。

秋が深まる前に会いたいね。

あたたかい音楽を作りたい。

-Blog, ツアー生活, レコーディング

執筆者:

関連記事

no image

パリの6月

I’m still making beats for BLOWBOHEMIA. 「パリの6月」 F.Bのどうでもいい機能のひとつに、 何年か前のポストを知らせるというのがある。 6年前の今 …

アリラン日本語詞 作詞

アリラン アリラン 楽しげな 日々が終わることはない アリラン アリラン 憂鬱な 君を迎えに行くから アリラン峠を越えたなら 一人の夜も怖くない アリラン アリランこれからは 夢の続きを始めたい 晴れ …

日本には、トースト屋台が足りない!

ソウルの街中には、Isaacトースト(トースト専門のチェーン店)を始め、バンを、屋台に改造したトースト屋など、駅の近くでトースト専門店を何回も発見できた。 ここで結論。 「日本には、トースト屋台が足り …

今日という日に

午前中に依頼のあったとあるテキストを仕上げだ。 以降、トラック作り。 この作業はいかに曲の世界観を構築するか、また、クラブで鳴らしたときにいかに理想の音像にするかに時間が占められる。 並行して入ってく …

ワイルドサイド

先日行った店が ただのミックスナッツが茶碗に半分もない量で1000円、 フライドポテトが1000円と、 あきらかに高く、暴れようかと思った。 物の値打ちに加算して 地価や、店付近相場や、サービス料や、 …