MASUMOTO KOTA OFFICIAL WEBSITE

I'm keep going on play music in a lot of places.

Blog

知らない街で珈琲を飲むこと

投稿日:2017年9月24日 更新日:

一年の間にこんな機会は何回あるだろう。

旅暮らしの自分は、それこそ毎月のように新しい店との出会いがあり、
変化を自分に課している部分が多いにあるが、

ひとところで暮らす人にこそ、
気に留めておいて欲しいことがある。

知らない街で珈琲を飲むこと。

できれば窓際の席がいい。

通りを行き交う人を眺めるだけで、
人それぞれには、それぞれ生活があるという、些細な気づきを実感できる。

チェーン店でもかまわない。

珈琲の湯気の中で思い出す人がいれば、心の中だけで手紙を書いてみてもいい。

空港のカフェで。

フェリー乗り場の待合室で。

地下鉄の前のキオスクで。

移動中に呑む珈琲は、人生のある瞬間を心に射止めてくれる。

忘れられない景色。

子供のときに見た、山の奥の大木に、
精霊が宿っている気がしたこと、

海に沈む夕焼けの色があまりにも鮮烈だったこと。

大人になってから瞬間の記憶は、
アルコールの吐息の中で朧気な頭を辿る朝。

一杯の珈琲が、自分とこの世とを繋ぎ止めてくれたりもした。

知らない街に行こう。

そこが地元の人に会いに行こう。

感じのいい店をみつけたらフラっと入り、一杯の珈琲を注文してみよう。

-Blog

執筆者:

関連記事

no image

6月の日々

6月 もう6月だ。6月が終わると一年が半分終わる。 この時期に、自分が何ができていて、何をこれから終わらさないといけないかを把握するために、 作業を見直さなければならない。 この作業は自分と向き合わざ …

ソネット

音楽が文章みたいだとはあまり思わないが、文章は音楽みたいだと思う。 懐かしい日々を回想している文を読むと、そこには、音達が戯れているように感じる。 毛布が必要な秋の日には、木漏れ日を思いだす音楽のこと …

no image

短歌

声にならない 想いは唄に風景に 初乗り切符買い 山間を下りたらそこは 海開き 小さい子のように走る夏 ふりきった道は1年と束の間 雪景色に変わる車窓 また海を思いし この白の中

インスタライブを終えて

昨日、初のインスタライブを終えた。 ずっとなにかしら、やりたいとは思ってたが、音質的にどうだろう?とか、 イージーにアクセスできすぎて、ネガティブプロモーションにならないか? とか、心配があり、踏み切 …

都市のサーファー

最近は、かなり牛歩、というか 蟻の這いつくばり戸渡りだが、 異なるタイプの制作を同時進行させていて、いろいろと自分から派生していった物事を複数の作品に落とし込む作業はやはり好きだ。 しかし体が足りない …