MASUMOTO KOTA OFFICIAL WEBSITE

I'm keep going on play music in a lot of places.

レコーディング

感動したくて

投稿日:

今日は、昨日、インスタライブで公開レコーディングした、ピアノの音楽を
エディットして、マスタリングしていた。続きはまた明日。

ピアノのレコーディングが上達してきていて、特に今、使ってるマイクと、ピアノとの相性がいいのだと思う。

ピアノのレコーディングをやる際に、マイキングがかなり複雑な楽器な気がしていたが、実際やってみると、録り音に関して、自分なりに答えは出せてきている。

気になる人がいたら、教えます。

秘密にすることなんてない。

音楽に携わる人が、より自由に、なってくれればそれでいい。

そう。そしてね、

前回、初のインスタライブをやってから、手応えを感じていて、今度は、ピアノで、ぜひに!と思っていた。

ピアノのある店で、酒でも呑みながらやりたかったが、気兼ねなくやれそうなとこが思い当たらず、
結局は、スタジオを自分で手配した。

インスタでライブを配信。さらにライブrecして、後からダウンロード販売する。

これは、おれより知名度がある人がやれば、かなり高額を稼げるかもしれない、ビジネスモデルではある。

元あるものを組み合わせて、新たな価値を作り、感動をシェアし、経済圏を作る。

これからも、こういった試みをして行きたい。

夜になってからは、ライブのブッキングに関する連絡や、今度、ライブにケータリングしに行くため、そのメニュー作りなども。

呑み歩き、食い歩くのを愛しているので、パーティー会場のめしや酒が適当だと、ほんと、暴れたくなるので、
自分がうまいと思えるものを出したい。

今まで、自分が遊んできた時間は、
人をどうやって喜ばせたいか、

そんな気持ちへと繋がる。

日々、自分を楽しますことは、自分への最低限の責任だ。

ワクワクした感覚を人に提供する仕事の人は、毎日が戦場であり、勉強なのだ。

感動したくて、ライブやパーティーに来るのだから。

ステージに立つ人間が、自分がどういうときに、楽しいかをわかってないとね。

自分の満足が、人の感動になる仕事だから、

いい音、うまいメシは、自分の心に正直でいいんだよ。

-レコーディング

執筆者:

関連記事

青空とピアノ

古すぎるピアノのレコーディング中。 練習、録り方、マイキングのプリプロを終わらせ、明日から本レコーディング。 結構前からだが、ピアノを聴いてると、青空に流れる雲をイメージすることが多い。 空に近い楽器 …

夏の憧れ

真っ青な夏の空だった。 バックパックにマイクをいれて、 スケボーで汗だくになって波打つアスファルトを走る、走る。 久々に再会したピアノは、懐かしい友達のようだった。 優しく、ときに情熱的に弾いているう …

心の中にある音

ここ二日間、制作の音響処理に関して考えてることで、ステレオに緻密に振ったミックスより、モノラル のミックス、(ダンスミュージックでも。)に、惹かれてることに気づいた。 ヘッドフォンで聴いて楽しい音楽( …

no image

強靭なアスリート

製作で楽器の録り音や、 声を、イメージに追い込んでいく 作業の面白さが芽生えてきた。 カラオケで叫びまくって声をならしてからレコーディングに挑もうとしたが、一時間歌いまくったり、さけびまくったり、Xj …

連絡の大切さ。その先の笑顔。

海外のブッキング難航中は胸が痛い。 この先に笑顔があると思うと頑張れるが、箱の人はとにかく連絡を返して欲しい。 約束で生きるなら連絡は命綱だ。 これだけネットのインフラがある時代、自分を身近に感じても …