MASUMOTO KOTA OFFICIAL WEBSITE

I'm keep going on play music in a lot of places.

Blog 暮らし

限りある人生を

投稿日:2017年7月5日 更新日:

昨夜、終電を逃したのをいいことに?某牛丼チェーン店でダージ呑みすることに。

というのも、都会の駅の近くですら、まったく、漫画喫茶はなく、夜を明かせる場所がそこだけだったため、一人、数時間居座った。

結論からいうと、なかなかいい!
癖になるね!

一人さみしく、カウンターに数時間粘ることで、精神力が養われる。

牛丼、紅生姜をアテに呑む。
その後、紅生姜のみで呑む。

途中、朝ごはんのシャケを単品で頼み、ビールを呑み、仕事のスケジュールをたてたりしていた。

これで、wifiが使えたら、やばかったかもしれない。
昼前までダジり倒してたかもしれない。

まあ、そんな夜を明かしながら、朝からは、秋以降のツアー、音源用のBLOWBOHEMIAのビートを組み、
夜が更けてからは、SOUNDCLOUDの整備。

が、しかし!ログインできなかったり、アップロードできなかったりで数時間が過ぎる…。

作曲で煮詰まるときとはまた違った
追いつめられ感に苛まれながら、
スコッチとチョコレートビスケットをあおる。

音楽活動は、創作とアーカイブのせめぎ合いだ。

今やライフラインとしてネットが世界に蔓延って久しいため、

オンライン上のアーカイブは、
やがてプラットフォームになり、見知らぬ人が自分へとたどり着く、窓口となり、さらに遠くへ行ける切符となる。

こうやってチマチマと何かつくり、残し、ライブをやり、チビチビ呑み、自分の人生は過ぎて行く。

地味ではあるが、何かを創り、生きることは尊い。

明日もまた、少しずつ前に進もう。
お客さんに日々の成果を発表できるまでに至らないのが心苦しいが、

作る事に充足感を感じれる明日にしよう。

最後に、詠み人知らずだが、
おれの好きな言葉を。

「嫌なことがあったら、寝てしまえ、起きたら新しい日だ。」

そして、おれの言葉を。

「嫌なことがあったら、寝てしまえ、寝て、寝て、寝まくったら、人は飽きるときがくる。

飽きたと感じたら、違う場所にさしかかってるから。

いろいろあるけど気にすんな!」

それじゃあ、おやすみ!おはよう!

限りある人生を楽しもう!

-Blog, 暮らし

執筆者:

関連記事

俳句

エアポート 世界中が 隣町 久しぶり 瞳の奥に 夏は住む 台風明け 風待つ我を この道飛ばして 車窓より 入る日差し 秋を待つ ジョイフルで 交わす方言 宮崎の夜 若草通り 重い荷物 夜彷徨う 秋の宵 …

おれは!自分で自分を変えるのに必死だ!

最近はBLOWBOHEMIAの製作と並行して唄の作品作りを進めている。 今までやってきたことではないが、新しく作っている曲は、どうも、リズムトラックが頭で鳴るので、唄をトラック物で行くことにした。 サ …

秋の祈り

BLOWBOHEMIAの製作で 二つあったモチーフを一つにまとめる。 旋律や鼓動、季節があることに救われている。 もっとアジア圏内でも、他の国でも、 いい形で届けられるようになりたい。 音楽や会話には …

THIS IS BLOWBOHEMIA!!!!!!

今日の仕事は寝ても冷めても制作だった。 秋以降に予定されている韓国から始まる、アジアツアー用にBLOWBOHEMIAのビートを組んでいた。 今に始まったことではないが、アジアは動いている。 おれみたい …

安宿でコンチネンタルスタイルのブレックファーストを

私は海外の安ホテルに泊まり、コンチネンタルスタイルのブレックファーストを食べ、まずいコーヒーをすすり、 今日の予定を頭の中で反復しているとき、静かな快楽を得ている。 火を使わない、ヨーロッパスタイルの …