MASUMOTO KOTA OFFICIAL WEBSITE

I'm keep going on play music in a lot of places.

ツアー生活 未分類

ソウルツアーDAY1 雨乃日珈琲 vol.2

投稿日:

今回のツアー、実は、台風の進路と、フライトが被ってしまい、関西のメトロもほぼ全線、運休。

前日も、ギリギリまでスケジュールを詰めていたため、当日にしか動けないことに。

いろいろと調整の結果、なんとか無事に着けそうなフライトをみつけたが、
仁川空港に着いた時点で、ライブ開始の2時間前。

しかし、奇跡的にイミグレーションで並ばず、スムーズに出れ、空港線の電車にも、すぐに乗れた。

目指すは、弘大入口。
空港から乗り換えなしで行ける。

予定していた、時間を早回り、会場に到着でき、久々に雨乃日珈琲店の清水さんと、亜沙子さん、そして今回、共演をお願いしていた、フォークシンガーのKim Donsang(キム・ドンサン)とエレクトロミュージシャンのSangakusang(サンガクサン)との再会を喜んだ。

ドンサン氏とサンガクサン氏が、すでに自前の機材を、セッティングしてくれている。

大丈夫だ。間に合う。今日という日を素晴らしいものにしよう。

懐かしい人達を見ながら、一人、そう誓った。

今回のライブは、
ドンサン氏、サンガクサン氏の、信頼関係も感じる共演でした。

時代がいかように変わっても、彼等のように、民衆の立場から曲を生み出すその姿勢を尊敬しています。

彼等のコラボレーション曲。
世界遺産ある都市でもある、ドンサン氏のホームタウン、水原市で、撮影されています。
唄っているのが、ドンサン氏、キーボードがサンガクサン氏です。

おれのライブ。
夏はb.p.m速めのJAZZな気分。

Day1 amenohicoffee Seoul Korea. #masumotokota #枡本航太

A post shared by Masumoto Kota (@masumotokota) on

どの国で唄っても日本語で唄う。

母国語で唄うのは、その国の言葉の抑揚を伝えるという意味で重要な気がしている。
皆が皆、英語で唄わなくてよいと思っています。

Day1 amenohicoffee Seoul Korea 2018 #枡本航太 #masumotokota

A post shared by Masumoto Kota (@masumotokota) on

○会場である、雨乃日珈琲店を営む清水さんが、なんと、ドンサンさんの、
歌詞を訳してくださってます!

感激! こんな人がいるというのを、日本の友人にもぜひ知ってもらいたいです。

http://amenohicoffee.blog134.fc2.com/blog-entry-314.html?sp

そして、ドンサン氏は、日本にも、来たいと言ってくれてるので、
大阪で西成とかも案内して、
日本で曲を作って欲しいなと、思ったり!

-ツアー生活, 未分類

執筆者:

関連記事

no image

パリの6月

I’m still making beats for BLOWBOHEMIA. 「パリの6月」 F.Bのどうでもいい機能のひとつに、 何年か前のポストを知らせるというのがある。 6年前の今 …

宮崎でのライブを終えた。

実に3年ぶりぐらいだった。 宮崎にはくにやさんというおれのフォークロアを震わせた唄い手がいて、一緒にやりたいと相談して、実現させてもらった。 ありがたかった。 前回も来てくださった方がまた足を運んでく …

メール力!

音楽でも店でもなんでも、個人で仕事を進めてる人で、大切な能力の一つは!(と、勝手に思っているのが。) 「メールをする力」ではないだろうか? 多くの経営者が複数の業務を抱えて日々、作業をしているので、 …

連絡の大切さ。その先の笑顔。

海外のブッキング難航中は胸が痛い。 この先に笑顔があると思うと頑張れるが、箱の人はとにかく連絡を返して欲しい。 約束で生きるなら連絡は命綱だ。 これだけネットのインフラがある時代、自分を身近に感じても …

尾道の夜を終えて

おそらく、初かな?BLOWBOHEMIAで、尾道でライブやらせてもらい、 時間をシェアできてうれしかったです。 夜に音楽が流れて、人が集まる場所は 街に必要だ。 昼にできない話や、過ごせない時間も、夜 …